CENTERED CEO BLOG

全社総会を行いました。

10月で7期目を迎えたのに合わせ、
先週の金曜に初の全社総会を行いました。

30名程度が上限の会議スペースを借りての実施です。
普段と異なる緊張感の中で開催となり、
1年の節目としての一定の役割を果たしたと思います。

社長である僕の方から一方的に伝えてきたことが、
規模が少しづつ大きくなるにつれ伝わりづらくなってきます。

そこで月末の締め会を中心に会社の数字や
その他事項の報告を各部署リーダーより行っていたのですが、
リーダー層が育ってきたこともあり、さらに一歩進んで全社総会として
前期の振り返りと今期の方針を発表してもらいました。

今期の全社の方向を画策した上で、それを全社目標に落とす。
その全社目標を各部署に落とし仕込み、部署ごとの目標を設定し、
さらに個人目標まで落とし込みます。

これで1つの目標に向かって全社員の意思統一を図っています。

第二部は場所変わって社内にて年間MVP発表です。
社内デザイナーの活躍により映画バリのオープニングムービーをはじめ、
大いに盛り上がりました。

1年間でいかに会社に貢献したか、会社のビジョン、ミッション、行動指針に合致した
行動をとれたを指標としています。

実施してみて改めて自社人材の成長を実感できるイベントでした。

6期統括について

先日、センタードは6期を終了しました。

新人達は大きく成長し主戦力として飛躍、
中核メンバーは経営寄りの思想を持って動いてもらえるようになりました。

退職率も数%台で推移し、よりセンタードの方向と合致した人材が
フルコミットで業務に集中してもらえる組織になったと思います。

それにともなって、現場への権限委譲が進みました。

営業に関しては役員の人脈・ネットワークでの受注から
会社の強みを活かした自立した営業組織への転換が進みました。

納品に関しては分析チームのノウハウ強化、制作チームの制作力強化
が進み、現場でのフローの自動PDCAも軌道に乗りました。

バックオフィスに関しては会計処理の内製化による
大幅な数字分析能力の向上、過去の記録ではない、将来のための攻めの会計を開始、
その他、人事・総務系業務も社長からの移管が完成しました。

ただ、7期目に入り企業として少しづつ成熟していく中で、
いかに大幅な成長軌道を描くか、という課題と
プレッシャーは日に日に大きくなりつつあります。

7期も全力疾走あるのみです。

6期社員旅行に行ってきました。

6期社員旅行に行ってきました。

少々人数が増えてきたため、ミニバスとレンタカーでの移動です。

null

今年の旅行先は長野県、大平宿です。
ここはなんと現在は廃村。

そうは言うもののNPO法人「大平宿をのこす会」の方々が
管理されているため、とても清潔で
昔ながらの田舎を体験できました。

そしてBSジャパンの番組「空から日本を見てみようプラス」の
撮影にも協力しました!

※放送自体は9月とのこと。

null

null

null

外界から山道を40分ほど上り標高1,000Mにあるこの村はまさに秘境!!
観光シーズンのため、廃村と言っても賑わってるのかなとおもいきや、
のこす会の3名以外の方々には会わず、まさに村ごと貸し切り状態でした。

null

null

本当に山の中に急に現れる村なので、四方を完全に自然に囲まれまさにぼくのなつやすみ状態。

null

古民家を2棟貸し切りました。電気、水道のみは通っており最低限のライフラインは確保。
火は薪からみんなでおこしました。

null

null

null

乾杯が終わり、各々食べ終わるとだんだんみんなもテンションがあがりはじめ、
飲みまくるもの、
食べまくるもの、
語りまくるもの、
大量に買い込んでいった水鉄砲でのサバゲー、
花火大会、
近くの廃校への探索、
などなど気づけばのこす会の方もテレビ制作会社の方も入り乱れ盛り上がりました。

楽しかったのはいいけれど番組撮影はあれで大丈夫だったのだろうか・・・

そして最後は寝袋にて就寝・・・

null

ちなみに弊社での社員旅行は

・日常を離れ、部署間を超越したコミュニケーションの活性化
(このために旅行中のチーム区分の構成はランダムに行っています)

・実行委員会制を摂り、能動的に社内行事運営に関わってもらうこと
(若手を中心に積極的に社内に関わるクセをつける)

・利益を出すことで旅行の実行自体も目標として一丸となってがんばる

の3点を目標としています。
そういった意味での今期の旅行も大成功だったのではないでしょうか。

まあ言いたいのはつまり、絵に描いたような楽しい夏の旅行だったってことです!!

社員旅行実行委員会の皆さん、お疲れ様でした!

現在大幅増員中です。

以前からの課題に「数字の上下に業績が振り回されること」があります。

大型単発案件の大量受注を重ねるたびに納品キャパが埋まり、納品と受注の
キャパがコントロールできていない。

こんな課題に対処すべく、各部署で人員増強中です。
30人を超えた時点ですでにオフィス収容キャパの限界が見えていました。

ついにオフィスのゆとりスペースを崩壊させ、さらにデスクを詰め込み
ました。これで最大で38名?までは入るでしょう。
これも時間の問題ですが。

大幅に強化した人員ラインナップで

・制作現場にありがちな過重労働環境を改善し
・専門性を高めることでさらに競争力強化、差別化を進める

所存です。

また入社タイミングによりセンタードでも「初期メンバー」と
「それ以降」という区分から、各入社タイミング、スキルによる
組織の重層感が出てきています。

これにより人数が今後倍増しても耐えうる組織基盤・マネージメント体制を
作る方向が見えてきました。

それに伴いより、大きな経営視点で物事を見れるリーダークラスを
現在教育強化中です。これは数字、差別化戦略、中長期視点、ビジョン、ミッション
などのような全社的な物事にも関わってもらう、自らが行ってきた経営を現場に一定範囲
権限移譲していくテストでもあります。

この試みを成功させてはじめて今後の成長があると思っています。

入社式を行いました。

本日4月1日、センタードは2名の新入社員を迎え、
入社式を行いました。

普段は制作陣を中心にラフな格好が多いのですが、
1年に1度は全社員でスーツ姿で年度の区切りをつけるのもまた
気分的に切り替えができてよいかなと思いました。

正式に入社式として実施したことがなかったため、
どういったことを話そうか考えてみました。

どうせ全員参加してもらうのであれば
新入社員だけでなく、みんなにも伝えておきたいことにしようと
思い、センタードのミッション、ビジョン、行動指針について
語らせてもらいました。

また、配属先のリーダー陣にも後輩たちの入社を祝い、
簡単な挨拶をしてもらいました。

皆、立派に成長しており頼もしい限りです。

全員一丸となって来年の4月まで頑張りたいと思います。
次回はそろそろオフィス以外で会場を借りて
行いたいなと思う次第であります。

入社式

入社式2

1 2 3 4 5 6