5期目も気づけば上半期が終了して1ヶ月が経ちました。

5期目が始まった時の最大の課題は制作における
ディレクションラインの確立でした。
このあたりは比較的スムーズに進行していきました。

それと平行して、組織化を進めていたつもりでは
あったのですが、今思えば、案件に自らが追われる
ことも多く、まだまだ漠然とした組織化しか進められて
いなかったのだと思います。
そして本当に解決すべき課題群が見えておらず、
また、見えている部分に関してもその解決策を
見出すのに苦労していました。

社内からも数々の改善案や意見が上がり、
遅まきながらようやく今、自社で起こっている変化
の全容を把握した次第です。

この数ヶ月、様々な経験をさせてもらい、
企業としての成長論、組織論を真摯に学び、
悩んでいく中でようやくその課題と解決策が
頭のなかでクリアにまとまった次第です。

すべては会社の代表である自分の行動が引き起こしている課題、
それを変革する決意を改めました。

今後、下半期に向けて、会社を大きく変えていきます。
今までの自らのやり方では限界が見えてきたからです。

属人的な組織体制から企業としての基盤づくりに向けて
の変革です。

——————————————————————————-
・センタードとは?

今一度、センタードがどのようなことを成すための
会社で、どういったビジョン、ミッションを持ち、
どのような価値観を大事にしながら、世の中に
どう貢献できるのか、を今一度、見直し、共有し、
それをベースとして組織・企業を再構築して
いきます。

——————————————————————————-
・社内での情報共有・発信

社内の各部署長を基盤として全社への情報共有、
情報発信を進めます。

——————————————————————————-
・人事制度

人事制度を明確に整備・制度化します。

——————————————————————————-
・経営管理

昨年末に設置した経営管理部を徹底進化させ
経営を強化します。

これは1つに経営数字の把握スピード・精度を向上させる
ことで、より高度な経営分析を行い、それを反映させる
ことを目標としています。

過去の結果としての経理ではなく、将来設計のための
経理としての戦略的部署としての位置付けです。

——————————————————————————-

これらを基本として解決させる中で、より強固な
「企業」をつくり上げることを下半期の自らの
目標としていきます。