CENTERED CEO BLOG

7期総括について

センタード7期目、終了しました。

7期目も過去最高売上の中で幕を閉じることが出来ました。
ご愛顧いただいているお客様、日々改善に励んでいる社員のみなさん
本当にありがとうございます。

前期も様々な課題に着手しました。

企業としての体制もドンドン整いました。
大きくは以下に集約されるかと思います。

———————————-
<西新宿開発室の稼働>

第二オフィスとして制作陣の一部を移動させることで、
規模の拡大とそれに伴うクオリティアップを今後目指せる基盤を整えました。

———————————-
<経営会議について>

時短対策、人事制度構築、既存制度の改善、などなど
現場業務を超える課題を幹部チームを構成することで
全部署横断して解決することが可能になりました。

———————————-
<人事評価制度構築>

コンサルタントを入れて、半年間をかけて制度を刷新する方向で
動きだしました。1月完成予定です。

———————————-
<マネージメント層強化>

マネージメントラインを一段上げたことで
一層の権限以上と現場マネージメントの強化を図りました。

———————————-

特に良かったのがマネージメント層の強化で
少しづつ経営に近い全社視点で物事を議論出来る場が増えてきたことにあります。

それは「時短」「人事制度構築」「各制度改革」などの各論を
ベースとして、センタードとしての価値観をマネージャー陣から統一・共有していくことで
精度の高い改善が役員レベルと同じような視点でできるようになってきたことが最大の収穫でした。

これは以前から目指している方向性です。
社長1人で解決するのではなく、意見を持ち寄って、価値観を統一させながら
議論を重ねていく手法です。

まだまだ諸々の課題を抱えつつでありますが、
最短コースでの成長を目指すべく、幹部陣営が大きく
成長していっている実感があります。

7期に引き続き、現場への権限移譲を進め、
より大きな地図を描くという、本来の社長業を一層強化し
スピードを上げていきたいと思います。

8期上半期全社総会を行いました。

本日はセンタード8期上半期全社総会でした。

回を重ねるごとにバージョンアップを進めてきた全社総会ですが、

「前期の振り返りと今期の経営計画・全社目標の共有」

という大きな流れを元に進んでおります。

それをベースに各部署マネージャーを中心とした
自部署の事業の数字的な理解が進んでいます。

様々な改善も感覚的な改善のみだと永続性がないことが多いため、
数字的な分解を元に行ってもらえるようになりました。

また、2部では「年間MVPの発表・表彰」を行っておりますが、
フローや演出面などここはまだまだ改善の余地がありそうです。

全社総会

新人事制度構築について

これまでのセンタードは年に1度の人事考査(7月:給与査定)と
決算賞与(9月:開始から3年で3回の実績あり)で稼働してきました。

人事考査については全社への貢献度をもとに算出しています。

賞与はより具体的で、部署により指標ごとのウェートは異なりますが

・各自の個人目標の達成状況
・受注数字
・納品数字
・スキル評価シート
・上長評価
・勤怠状況

などを複合的に算出し、SABCDの評価指標を出した上で、
金額を算出しています。

しかし、人事考査も含め、より制度を強化したいという思いと、
現場のマネージャーが育ってきているため、センタードの評価方針を固めた上で、
現場で評価をさせていきたい、という思いが生じました。

そこで現在、専門の人事制度構築コンサルを導入し、
8月より、半年かけて、現場とともに制度を作っています。

センタードのビジョン、ミッション、行動指針に合致し、
ハイパフォーマーの行動特性を部署ごとにとらえた評価指標を各部署ごとに
現場とともに話し合った上で行っています。

大元からの再設計になるため、組織編成、役割等級区分から評価制度、報酬制度、
の全フレームが刷新されることとなります。

人事考査自体は各人の優劣を数値化していくものなので、
100%全員が納得するものは難しいですが、少しでも公正なもの、
特に優秀なメンバーが正当に評価されうるものとなれば良いと思います。
(公平なものを目指しているわけではありません。)

完成は1月予定ですので、来期の人事考査はすべて新制度の上で行われることになります。